• ホーム
  • バストアップサプリは、植物由来成分で作られているので、安全性に優れています

バストアップサプリは、植物由来成分で作られているので、安全性に優れています

胸の大きさに悩んでいる人が多く、日本人女性は欧米女性と比較しても胸の小さい人が多い国と言われています。A~Cカップの女性が圧倒的に多く、Dカップ以上の女性はまだまだ全体数から比較しても少ないです。胸の小さな女性にとって、ふっくらした弾むようなバストは女性の憧れで、バストアップ体操やバストアップブラなど様々なことを試してみたが効果は感じられず諦めた人も多いのではないでしょうか。
そんな人にお勧めなのが、サプリメントです。サプリメントというと、普段食事から摂取しにくい栄養素を補うための健康補助食品で、医薬品とは異なります。副作用も現れにくいというのも大きな特徴の1つです。
多くのバストアップサプリの場合、その有効成分となるのがプエラリアミリフィカという植物から抽出したものです。マメ科植物の根から抽出したデオキシミロエストロールという成分が作用します。
このデオキシミロエストロールは女性ホルモンの1つであるエストロゲンと同様の作用があると言われています。エストロゲンとは卵胞ホルモンともいわれ、子宮や乳房の発達を促します。つまり、プエラリアミリフィカを含んだサプリメントを服用することで、エストロゲンと同じ働きが体内で行われ、乳房が発達しバストアップに効果を発揮するという事になります。
プエラリアの配合量は商品によっても配合量に大きな差があります。生理期間中は服用できないものから、特に使用禁止な期間の無いものまで幅広いです。妊娠中や授乳中は飲むことが出来ませんがほとんどのサプリメントでは副作用が出る事が少ないと言われています。ただし、サプリメントの中には有効成分が飛びぬけて高く配合されているものもあります。こうしたサプリメントの場合、体質にもよりますが副作用が現れることがあり、消費者センターにも報告が上がっています。主な副作用としては不正出血や頭痛に肝機能障害、腹痛や嘔吐といった健康被害があります。このサプリメントを服用している間、ピルなどのホルモン剤の服用の禁止や、大豆イソフラボンをたくさん含んだ食品は控えるよう書かれています。大豆イソフラボンも女性ホルモンと同じ働きをするため、これらも摂取すると過剰摂取となり、副作用が強く表れてしまうケースも少なくはありません。安全に服用するには、まず決められた量の半分を飲んで体の変化を確認します。その後特に体調が悪くなければ1日の必要量をしっかり飲んでみてください。