• ホーム
  • ヒルドイドを使用する順番は化粧水をつける前がお勧めしたいです

ヒルドイドを使用する順番は化粧水をつける前がお勧めしたいです

ヒルドイドと言えば、顔から体まで全身使える保湿剤で、その保湿力の高さが魅力的です。今までどんな保湿クリームを使っても乾燥した肌が改善しなかった、市販の保湿剤は刺激があって使えないという人にお勧めのものです。入手方法としては医療機関を受診し、医師に診察をして医師が必要と判断したら処方して貰えます。
このヒルドイドの使用方法ですが、ほとんどの人は化粧水を塗ってその後乳液やクリームの代わりにヒルドイドを塗る人が多いでしょう。ですが、肌の乾燥がかなり進んでいる人や肌が荒れてしまっている人は、いつも使っている化粧水が肌の刺激になってしまうことが多いです。その場合、どんなに化粧水をたっぷりと使っても、どんどん肌荒れが深刻化し、顔が赤くなってしまったり皮膚科を受診しなくては行けなくなってしまいます。
そんな人にお勧めなのが、いつも使っている順番を逆にして化粧水を後にしてみましょう。また、もし化粧水を後にするなら、ヒルドイドのタイプもクリームや軟膏ではなく、ローションやフォームタイプがおすすめです。クリームや軟膏は油分を多く含んでいるので、化粧水を上から塗っても弾くので余り意味はなく、肌へ化粧水の成分が浸透しません。化粧水の成分も浸透させたい場合、ムースやローションタイプがいいでしょう。ヒルドイドには抗炎症や血行促進作用があります。冬は乾燥で赤くなってしまうという人や血行障害を引き起こす人に処方されます。既に肌が荒れているという人は順番を変えて先にヒルドイドを塗る事でローションの刺激を緩和し、皮膚を潤して乾燥による炎症を鎮めてくれます。その時に使用する化粧水に肌へ刺激となる成分が入っているとせっかくヒルドイドを塗っても意味はありません。使用するローションも無添加で刺激のある成分を抜いたもの、セラミドなど保湿成分がたっぷり入ったものを選びます。市販のローションが肌に合わないという人は、皮膚科を受診して相談をすれば患者さんの肌に合ったローションを処方してくれるので相談をしてみるのもいいでしょう。
ローションを塗るときはコットンではなく手で人肌程度にローションを温めてから塗ったほうが浸透性がアップします。コットンを使用すると敏感肌の人には刺激になってしまったり肌にコットンの繊維が残ってしまうのでお勧めしません。なるべくローションを人肌程度に温めてからゆっくりなじませるように塗っていくと効果を発揮します。